All Keio Student Senate.

注意

全塾協議会は2017年1月より塾生代表制度へ移行いたしました。ウェブサイトの内容が旧制度の内容を含む場合もあります。 新制度に関しては塾生代表の紹介規約をご覧ください。

全塾協議会のご紹介

全塾協議会とは

全塾協議会は、慶應義塾大学塾生の最高意思決定機関であり、塾生の皆様によりよい学生生活を送っていただくために活動している、いわゆる“生徒会”の様な団体です。主な業務は皆様から頂いた自治会費の公平な分配・監査を行い、学部生の皆様に還元できるようにすることや、塾生自治の基本方針の決定にあります。

特徴

「塾生自治組織(塾生代表組織)」×「福利厚生団体連合」

理念

議会とは?

全塾協議会では毎月三田キャンパスで定例会を開催しています。定例会で扱う議事は自治会費を扱う交付金支出承認申請や独自財源支出承認申請、代交代承認申請、予算など全塾協議会の規約に基づき必要と判断されるものです。

議案が通るまでの流れ

  1. 所属団体、事務局、塾生からの発議
  2. 議会での審議・可決(全会一致)
  3. 塾生代表承認
  4. 成立

全塾協議会の歴史

慶應義塾大学全塾協議会は、文化団体連盟、学術研究団体連盟、体育会、全国慶應学生会連盟、全塾ゼミナール委員会、四谷自治会、福利厚生機関の上部七団体によって構成されてきました。この全塾協議会は、慶應義塾大学自治委員会が本塾大学各学部学則等が定める教育の体系等の変更等により委員選出ができなくなり崩壊し、それにより塾生大会が開催不可能となったのを受けて、自治会費配分の業務を暫定的に代行し、全学部生の利益にかかわる活動を、その助言と承認にによって向上・発展させてきています。これら歴史的背景より塾生の代表機関として発展してきました。

現在では、文化団体連盟、体育会、全国慶應学生会連盟、全塾ゼミナール委員会、四谷自治会、福利厚生機関、芝学友会と塾生代表、事務局、所属団体によって構成されます。

組織図

全塾協議会は、大きく分けて上部七団体、特別委員会、福利厚生機関、所属団体に分けられます。議決権を持つ文化団体連盟、体育会本部、全国慶應学生会連盟、全塾ゼミナール委員会、四谷自治会、福利厚生機関本部、芝学友会の上部七団体と塾生代表、全塾協議会事務局、福利厚生機関、特別委員会、その他所属団体によって構成されています。

全塾協議会組織図(2017年1月17日更新)

規約一覧

お問い合わせ