All Keio Student Senate.

注意

全塾協議会は2017年1月より塾生代表制度へ移行いたしました。ウェブサイトの内容が旧制度の内容を含む場合もあります。 新制度に関しては塾生代表の紹介規約をご覧ください。

新規事業助成金制度のご案内

新規事業助成制度とは?

塾生の福利厚生の向上を目的とする新規事業を援助する制度です。提案された事業を全塾協議会において審査し、承認されたら全塾協議会の新規事業助成金予算から一定額の助成金を出します。つまり、これから塾生のために何かしたい、塾生のために何か始めよう、と思っている所属団体の皆様にとって、金銭的負担が減るとてもオイシイ制度なのです。

全国慶應学生会連盟による学校説明会

事業例: 全国慶應学生会連盟による学校説明会 (講演会の一部経費を全塾協議会が助成)

新規助成金制度のメリット

やはり何と言っても資金調達の負担が大幅に減ることです!団体内で一からプロジェクトを立ち上げるより、全塾協議会の新規事業として運営した方が、断然労力が軽減されるでしょう。

もちろん、全塾協議会の公認を得るためには審査が必要であり、それを煩雑に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、一度第三者の目で企画を見直されるということは、その企画自体について考え直し、クオリティーを高めるために大変有効です。

慶早戦支援委員会による告知ポスター

事業例: 慶早戦支援委員会による告知ポスター (印刷費を全塾協議会が助成)

新規事業助成制度を利用するためには?

新規事業助成制度はたった2ステップでご利用可能です。まず、新規事業申請の書類にご記入いただき、それを全塾協議会事務局に提出するだけで、お申込みいただきます。また、次年度のフィードバックや、事業運営のバックアップとして、報告書類を用意しておりますので、そちらについても必ずご記入いただくことをお願いしております。

新規事業助成制度の関連資料については関係団体様向けのページにあります。詳しくは、info@keio-zenkyo.netまでご連絡ください。

お問い合わせ