All Keio Student Senate.

注意

全塾協議会は2017年1月より塾生代表制度へ移行いたしました。ウェブサイトの内容が旧制度の内容を含む場合もあります。 新制度に関しては塾生代表の紹介規約をご覧ください。

全塾協議会議会報9月

2016年9月30日 発行

あいさつ運動

矢上祭実行委員会 湯山さん

9月21日に、矢上祭実行委員会と全塾協議会事務局の情報交換と発展に向けて、事務局員が矢上祭実行委員会委員長の湯山君に取材をしました。

矢上祭実行委員会委員長 湯山君(左)との写真

矢上祭実行委員会委員長 湯山君(左)との写真

矢上祭実行委員会は、毎年10月上旬に理工学部矢上キャンパスにて開催される文化祭、矢上祭を運営している団体です。具体的には、10月の本祭に向けて5月頃から矢上祭実行委員一丸となって準備をし、8月から装飾活動に入ります。また12月に開催されるウィンターコンサートの運営も矢上祭実行委員会が行っています。

委員は約300人で、屋外局、屋内局、ステージ局、広報局、渉外局、総務局、装飾局の七つの局から構成されています。学部の内訳としては、4月のオリエンテーション期間では理工学部以外の方も募集してはいるものの、現在は理工学部の方しか所属していないそうです。人数の多さとしっかりとした委員構成が毎年の矢上祭成功につながっていると感じましたが、一方で人数の多いことで起こる課題もあるそうです。それでも毎年の矢上祭が成功しているのは各局が責任をもって自らの仕事に尽力しているからではないでしょうか。

湯山君自身は、最初は周りの人の影響で矢上祭実行委員会に入会したものの、現在では矢上祭の実行委員長はよかったと言えるほど充実した日々を送ることができているそうです。今後の目標は来場者数15,000人を目指すことだそうです。また来場していただいた方に喜んでいただけるような矢上祭にしたいと述べてくれました。

今年の矢上祭は10月8日 (土) と10月9日 (日) に行われます。今年は高校生をターゲットにした「高校生クイズin矢上」や早稲田大学の理工展さんとの合同広報など新たな企画目白押しで行うそうです。普段、矢上キャンパス行かない人や、他学部の人も矢上祭に赴き楽しんでみてはいかがでしょうか。

議会公告

平成28年8月期全塾協議会定例会は8月18日 (木)、三田キャンパス大学院校舎313教室にて開催されました。報告事項・協議事項は以下の通りです。

9月27日(火)開催の9月期全塾協議会定例会の協議事項は次号に掲載いたします。

各部報告

総務部

リーダーズキャンプが終わり、総務部ではリーダーズキャンプの事後処理及び通常業務を行っています。今後は年度更新に向け、全協のマニュアルである全塾協議会の手引きの改訂や、所属団体の組織改編など、より現状に即した議会の整備を行う予定です。

財務部

財務部は先月に引き続き、リーダーズキャンプの審議結果をもとに各加盟団体とのやり取りを続けています。再提出された決算資料の確認を行うとともに、予算資料の確認が取れた団体から交付金の振り込みを始め、加盟団体の円滑かつ健全な活動をサポートしています。

広報部

毎月の情報発信とともに、Facebookなどでリーダーズキャンプの開催報告をいたしました。引き続きお祭りのパンフレットへの全塾協議会の紹介の掲載をお願いしています。また、ウェブサイトの引き継ぎのための人材育成を開始いたしました。

企画部

人事異動を経て、企画部は1年生の局員1名を迎え、計4名で活動してまいります。リーダーズキャンプを終え、さまざまな業務に柔軟に対応しながら、ヒアリングを中心に行なっていきます。

お問い合わせ